保育士、幼稚園教諭が学ぶと良いことは?

2023年も子どもを取り巻く環境をより良く!

 

一般社団法人子どもねっこ育社代表 佐治香里です。

 

2023年はウサギ年。

ウサギのように軽やかにいきたいですね^^

 

昨年末から保育業界の胸が痛くなるニュースがきこえてきますが、保育・幼児教育界も見直しや変わる時を迎えているのかなと思います。

でも、子どもにとって大切なことはシンプルです。

現代は情報もあふれているし、価値観も家庭環境も多様化しているから色々と複雑になっていますが、乳幼児期に大切なことは変わらないと確信しています。

子どもねっこ育社では、保育・幼児教育の上で大切なことをお伝えして保育園・幼稚園など子どもに関わる先生たちが自信を得る、笑顔で子どもと関わるための保育士向け研修、ねっこ育あそび®インストラクター養成講座を開催しています。

全12時間のこちらの講座、1月スタート生残席1名募集中です。

 

保育士、幼稚園教諭が学ぶと良いこと

ねっこ育あそび®インストラクター養成講座は

 

乳幼児親子と関わる上での子どものみかた、より良い関わり方を学び自分の保育・幼児教育に自信が持てるようになる

子どもがより発達するあそびや活動の引き出しが増える

今より保育が楽しくなる

講座です。

詳細はこちらから↓

ねっこ育あそび®インストラクター養成講座

関連記事

  1. 受講生さんの声「保育の学校でもこのねっこ育が学べたら良かった…

  2. 大人が子どもに与える影響力

  3. 子育てや幼児教育に科学的根拠を取り入れる方法

  4. 6年ぶりに保育職へ復帰!

  5. ねっこ育あそび®インストラクター養成講座1月生修了!

  6. 子どもに関わる仕事のスキルアップに!あそびの環境を整えよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。