子どもねっこ育協会の理念

子どもを取り巻く環境をより良く

 

当協会の願いは

保護者の皆さんが「子どもっておもしろい!」を心から感じられ、気楽な乳幼児子育て期を過ごされること、

子どもに関わる「先生」たちがご自身の仕事に誇りと自信を持ち、喜びを感じる日々を送られることです。

 

この願いが叶えば、幸せな子ども、豊かな乳幼児期を過ごす子どもが増えると信じているからです。

 

日本全国に子どもとその保護者、そしてそこで働く先生にとってのより良い環境を築くお手伝いをさせていただくことが当協会のミッションです。

ねっこ育あそび®とは?

当協会代表佐治が超少人数制の幼児教室「りんごのおうち」で培ったオリジナルメソッドです。

乳幼児は遊ぶことから本当に多くのことを学んでいます。

乳幼児期は子どもがその後自分自身の人生を生きていくための土台を育む時。

人生を樹木に例えると、乳幼児期は「ねっこ」をはる時期。

自分の人生を生きていくためには嵐が来ても、地震が来ても、折れない幹。

もし折れてしまってもまた再生することができる丈夫なねっこが必要です。

当協会は、この子どもの人生のねっことなる心(自己肯定感や思いやり)、生きる力(非認知スキル)、考える力(認知スキル)はすべて遊びや生活の中で育むことが可能であると考えます。

ねっこをはぐくむことは決して難しいことではありません。

ただ、環境が重要です。

当協会はねっこ育あそびの普及を通して、乳幼児を取り巻く環境の重要性、また環境の整え方をお伝えしていきます。

ねっこ育あそびを実践すると、子どもが集中して遊び、自分で考えて行動する力が育まれます。

それは子どもが自分自身の人生を歩んでいく大きな力になると信じています。

子どもねっこ育協会 提供メニュー

随時受講可能の講座 各種講座
☆子どもの根っこをはぐくむ講座・基本編

乳幼児期に大切なこと(動画受講)

☆子どもの根っこをはぐくむ講座・先生編

子どもと関わる仕事をする上で大切なこと
(対面もしくはzoom)

ねっこ育あそび各種講座

ねっこ育あそびインストラクター養成講座受講により、子どもの発達やあそびへの理解が深まり、日々の生活や仕事が「彩豊か」になります。