子育てのイライラは悪ではありません

子どもを取り巻く環境をより良く

子どもねっこ育協会代表の佐治香里です。

 

さて今日は

子育て中のママならきっとだれでも一度は経験する気持ち

 

「子どもにイライラする」

という悩みについてとりあげたいと思います。

 

子育て中のイライラ!

 

私も幼児教育に携わる者として

今まで数えきれないくらいのママの

イライラしている言動を近くで見てきました。

 

また、多くのママから

子どもにイライラする

そして

こんな私がお母さんで子どもがかわいそう

というお話もうかがってきました。

 

もしこの記事を読んでくれているあなたが

子育てのイライラに悩んで自己嫌悪に陥っているのでしたら

イライラするのはそれだけ一生懸命子育てをしている

その証だとお伝えしたいです。

 

まず

「子どもにイライラする」ということについてですが

大丈夫、それは誰にでもあることです!

あなただけではありません。

 

仕事では全くイライラしないのですが

子育てとなると別。

保育歴約10年の私だってありますよ。

イライラする、そんなの日常茶飯事です^^;

 

多かれ少なかれ、きっとみんなある。

我が子にイライラしたことが一度もないお母さんなんていないんじゃないかな?と思います。

 

でも

私は思うんです。

 

イライラするのは悪いことなのか?

 

喜怒哀楽のある人間だから、決して悪いことではないと思うんです。

 

 

大事なのはイライラの原因を知ること

 

子育て中のイライラの原因・・・

 

それは自分の体調とか疲れ具合とか

 

子どものコンディションとか気質とか考え方とか

 

どこか別のところからきてるストレスとか・・・

 

色々ありますよね。

 

 

なぜ自分がイライラしているのか見つめ

解消できるものはする。

 

私は疲れている日は

「お母さん、今日は疲れてるからできないわー!ごめんね。」

と言います。

 

そしてそんな日はなるべく早く寝れるように動きます。

私の場合、ぐっすり寝ると大抵リセットできるからです^^

 

 

子どもが小さいうちというのは

特にイライラはつきもの。

小さな子どもと過ごす毎日というのは

大人の思うようにいかないことだらけだから。

 

 

イライラの原因をなくすために行動しても

それでもイライラしたり悲しくなったりする日はあります。

 

よく「イライラママは卒業!」とか見かけますけど

私たちは生きている生身の人間だから

イライラする日があっても良いと私は思っています。

 

※イライラママは卒業 の意味にもっと深い意味があるかもしれません。

その言葉だけを見て、言葉通りに受け取って、単純に思うことなので

不快に思われたらごめんなさい。

 

 

だから

イライラする自分が嫌

こんな私がお母さんでかわいそう 

なんて思う必要はありません。

 

子どもはママが大好きだから。

 

そして、どのママにも我が子への愛情が根底にあるんです。必ず。

ここに自信を持っていただきたいのです。

 

 

イライラで子どもにあたってしまうことが多い時は

 

イライラであたってしまうことが続くと、ママも子どももお互いつらくなると思うので

そんな時は信頼できる誰かに話したり

少しお子さんと離れてみたりすることをおすすめします。

 

そうすることでご自分の中にある

お子さんへの深い愛情に気付けるはずです。

 

イライラは誰にでもある当然のこと。

大事なのはイライラとの付き合い方だと感じています。

 

辛い気持ちを話せそうな誰かがいない・・・

誰に話したら良いのかわからない・・・

顔見知りの人には話すことがためらわれる・・・

 

そんな方はぜひ当協会の無料子育てメール講座にご登録いただき

メッセージをお送りくださいね^^

 

ご購読のお礼に無料でメールによる子育て相談を受け付けています。

 

クリック↓ ↓ ↓

無料メール講座 – 子どもねっこ育協会 (nekkoikuasobi.com)

 

イライラを一人で抱え込まないで

 

子育てにイライラはつきもの。

イライラすることは悪いことではありません。

 

それよりも

ママがイライラする自分を責めてしまったり

イライラがずっと続くのは親子ともにつらい。

 

どうか一人で抱え込まないでくださいね。

関連記事

  1. イヤイヤ期をこじらせない!イヤイヤ期の正しい過ごし方は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。